なおの休日日記

主にバイク、たまにその他出来事をぼちぼち語るブログ

クーラント交換

ボイジャーの定期交換

去年のお話ですが・・・

まあいつものことでボイジャーの消耗部品の交換時期がやってきました。

まずはクーラント。
IMG_7518
去年の灼熱の夏を乗り切ったのでひとまずリフレッシュ♪

IMG_7519
久しぶりの交換なので、タンクの中身に溜まったカスも綺麗に除去

IMG_7520
規定値まで注いで完了!

タンクを外したついでにプラグも交換
IMG_7521
今回も汚れ具合は特に異常なし。

IMG_7523
プラグホールが深いのでエクステンションバーを繋いでトルク締め。

次はエアクリエレメント
IMG_7525
左が使用済み。前回に比べて今回は汚れが少ないです

↓これが前回のエアクリ↓
IMG_5666

IMG_5673
死骸だらけでチョー汚い

IMG_7526
ということで交換完了

最後にエンジンオイルですが、今回は少し変えてみました。
IMG_7544
elfのMOTO4 TECH 10W-50

ボイジャーは発熱量がヤバいので夏場はいつもオーバーヒート寸前

このオイルは10W-50なので熱ダレに強いらしい

でも交換したのが冬なので夏にならんと効果がわかりません

一応様子見でしばらくこのオイルで行きたいと思います。


今回はこのへんでノシ

【KLX】 メンテナンス日記13 【クーラント(冷却水)・リザーバタンク交換】

今回はKLXのクーラント交換。

ちょっとトラブルがあったために急遽交換することにしました

トラブル原因は後程...


まずはクーラントを抜き取ります。
IMG_7016
エンジン右側下、赤矢印のドレンボルトを外す。

IMG_7013
ドレンボルトを外しただけではクーラントは排出されないので、右シュラウド裏にあるラジエーターキャップも外す。キャップを外すとドバドバとクーラントが排出されます。

クーラントを注入するときのことを考えるとシュラウドも外しておいた方がいいでしょう。
IMG_7014
赤丸のボルトを外すとシュラウドを外せます。

IMG_7021
排出されたクーラント。

ドレンから抜いたら別の場所からもクーラントを抜きます。
IMG_7017
エンジン左側、赤矢印のクランプを外し、青矢印のバンドを緩めラジエーターホースを外すとクーラントが少量出ます。

IMG_7018
もう一ヶ所。赤丸のクランプを外しホースを外すとここも少量のクーラントが出ます。出きったらホース類を元に戻しドレンボルトも締めます。

ドレンボルトのトルク値は、25N・m(2.5 kgf・m)

次にリザーバタンク。
IMG_7022
赤丸のボルトを外しサイドカバーを外す。

IMG_7024
ここにリザーバタンクがあります。

冒頭で言った"トラブル"がこのリザーバタンクです。

IMG_7026
最近、クーラントが漏れた痕があったので見てみたらやっぱり漏れてました。

原因は・・・
IMG_7028
赤線で囲った所がガッツリ割れてました

恐らく以前、美山の林道で転倒したときに衝撃で割れたのでしょう(´・ω・`)

なので今回は、リザーブタンク交換ついでのクーラントも交換ということです。

交換はいたって簡単♪
IMG_7030
赤丸のボルトを外して、青矢印のホースを外してタンクを交換します。

当然、中身のクーラントも交換です。

新品のリザーバタンク
IMG_7033

IMG_7035

クーラントは"FULL"のラインまで入れます。
IMG_7040
こんな感じ。

IMG_7036
次にラジエーターの口いっぱいにクーラントを注ぐ。

IMG_7020
左側のラジエーター上にある、赤丸のエア抜き穴(ボルト)を緩めクーラントが漏れ出たら再度ボルトを締める。

あとはラジエーターキャップを締め、外したパーツを取り付けたら完成!

ボイジャーみたいに、ガソリンタンクをバラす必要がないのでかなり楽ですね♪


今回は以上です。

ではノシ

【ボイジャー】 メンテナンス日記8 【クーラント(冷却水)交換】

今年1年間頑張ってくれたボイちゃんの年末メンテナンスを実施!

まずはクーラント交換。

よくよく考えれば、購入してから1度も変えてなかった

一般的には2年ごとの交換らしいですが、夏場の高温を乗り切った秋ごろに交換するのがいいみたいですね。


ということで早速作業開始!

まずガソリンタンクを外す。
IMG_1327
フレームやハーネスに塵などの汚れが多数!

頻繁にバラす場所でもないし、年末なので綺麗にしておこうか。

こういうことも想定して準備しておいた濡れぞうきんでふきふき♪(*・ω・)ノシ
IMG_1328
綺麗になったぜ!

このボイちゃんの“背骨”、好きな場所の一つなんです(*´ω`*)

ついにぎにぎして触り心地や太さを堪能してしまう...(意味深)

お次はクーラントの排出。
IMG_1333
まずはラジエーター下、画像赤丸のボルトを外し、パイプブラケットを取り除く。

取り外したブラケット&レギュレーター。
IMG_1343
レギュレーターはブラケットに取り付けられているので、こいつも外してふきふき(*・ω・)ノシ

レギュレーター取り付けボルトとナット・・・
IMG_1344
だいぶ腐食してんな('A`;)

また今度新品に交換しときます(`・ω・´)

次はラジエーターホースの取り外し。
IMG_1345
画像赤丸のバンドを緩め、ホースを外せばクーラントがドバドバ排出されます。下に受け皿置くの忘れずに!

排出後のクーラント。
IMG_1346
濁っているのか液が濃いのか不明。。。

液の中には塗装剥がれのような黒いカスが多数....

こ、交換してよかったぜ

十分に排出できたらホースとバンドを元通りに。

レギュレーターとブラケットも組み付け。
IMG_1351
ついでにレギュレーターのカプラーには接点保護剤を塗布。

あとは車体に取り付け足元は終了。

お次はリザーブタンクのクーラントも捨てましょう。
IMG_1349
左サイドカバーを外せばリザーブタンクと御対面。

画像赤丸のボルトを外せばリザーブタンクが取り外せるので、あとは受け皿にひっくり返して中身をポイッ!

いよいよクーラント補充。使うのはコレ。
IMG_1325
家で撮ったものですが、ワコーズの「ロングライフクーラント」

昔から愛用してます(*´ω`*)

これを水道水で割ります。
IMG_1326
30:70でも充分なんですが、ボイちゃんのサービスマニュアルに50:50って書いてあったので半々でいきます。

投入口。
IMG_1347
赤矢印がラジエーターキャップ。

ここからクーラント投入します。

ボイちゃんのクーラント容量は2.4リットル。
IMG_1348
赤矢印の縁ギリギリまでゆっくりと注ぎます。

いっぱいになっても車体を起こせば減るので、繰り返しいっぱいになるまで注ぐ。

ギリギリまで注いだらキャップを締めて完成です。

リザーブタンクへのクーラント補充は、車体が起きた状態で“F”のラインまで満たすように補充。(5つ前の画像参考)

あとは外した部品を元通りにしてエンジンをかけラジエーターファンが回るまで走行・・・


なんですが、他にもメンテナンスを行ったので組み付けずそちらに取り掛かることに。。。

ということでクーラント交換はこれで終了です。

その他メンテナンスはまた明日記事にします(^^)

ではノシ
Twitter
バイクを乗り回したり、サバゲも最近再燃しています♪ アニメ、ゲーム、ミリタリーetc...かなり多趣味です♪ 愛車は、バルカン1700ボイジャーとKLX250。 バルカンで47都道府県制覇!!今はまったり第二ラウンド中♪ しょーもないことをよくつぶやいています(^-^;)
メッセージ

ご意見・ご質問、ツーリングのお誘い等ご用件のある方はこちらまで↓↓

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ