なおの休日日記

主にバイク、たまにその他出来事をぼちぼち語るブログ

バイク

ボイジャーの定期交換

去年のお話ですが・・・

まあいつものことでボイジャーの消耗部品の交換時期がやってきました。

まずはクーラント。
IMG_7518
去年の灼熱の夏を乗り切ったのでひとまずリフレッシュ♪

IMG_7519
久しぶりの交換なので、タンクの中身に溜まったカスも綺麗に除去

IMG_7520
規定値まで注いで完了!

タンクを外したついでにプラグも交換
IMG_7521
今回も汚れ具合は特に異常なし。

IMG_7523
プラグホールが深いのでエクステンションバーを繋いでトルク締め。

次はエアクリエレメント
IMG_7525
左が使用済み。前回に比べて今回は汚れが少ないです

↓これが前回のエアクリ↓
IMG_5666

IMG_5673
死骸だらけでチョー汚い

IMG_7526
ということで交換完了

最後にエンジンオイルですが、今回は少し変えてみました。
IMG_7544
elfのMOTO4 TECH 10W-50

ボイジャーは発熱量がヤバいので夏場はいつもオーバーヒート寸前

このオイルは10W-50なので熱ダレに強いらしい

でも交換したのが冬なので夏にならんと効果がわかりません

一応様子見でしばらくこのオイルで行きたいと思います。


今回はこのへんでノシ

【アドレスV125S】 レストア日記14(完) 【シート張替え、リアボックス取り付け】

アドレスのレストア最後の記事になりました。

長かった~( -д-)


ではまずシートから。
IMG_7504
シートですが汚れと破れがあります。

IMG_7505
動物に引っ掻かれたような破れ

IMG_7506
あと赤丸にあるようなガムかゴムかがこべりついた汚れ

このままでも乗れないことはないんですけどまあまあ不快

上のこべりついた汚れに関しては触るとベタ付く

ということでいっそのことシート張替えを選択!

さすがに自分ではシート張替える技量はないので素直に業者にお願いすることにしました。

バイクシート張替えで有名なマルナオシートさんへ依頼↓↓
マルナオシート

発送のためにシートを取り外します。
IMG_7507
シートを開けて赤矢印のボルトを外す。

IMG_7508
赤矢印のプレートを前方にずらして外したらシートが取れます。

発送は2りんかんにお願いしてもらいました。

納期は約2週間ほどでした。

そして張替え後のシートがこれ!
IMG_7601
表皮デザインは純正とほぼ同じデザインにしていただきました。

IMG_7602
張替えの都合上どうしても純正シートにはない縫い目が発生しましたがこのぐらいは問題ないですね♪

さすがプロは違いますね!仕上がりが綺麗です

ボイジャーのシートも張り替えたくなりました(笑)

価格はほぼ最低額に近い1万少しで済みました

早速取り付けます。
IMG_7603
赤矢印の軸に薄くシリコングリスを塗ります。

IMG_7604
あとは外した逆手順でプレートを付けてボルトを締めたら完成。

IMG_7605
新車に戻りました!(シートだけw)

IMG_7606
汚れ防止のためビニールを被せて保護しておきます♪

続いてリアボックス取り付け。
IMG_7656
スズキのサービスキャンペーンで無料でついてきたGIVIのリアボックス。

以前乗っていた赤のアドレスに付いてきてKLXにも転用していたボックスですが、
もう使っていなかったのでこいつに差し上げます。

IMG_7657
取り付け箇所は当然リアキャリア。

IMG_7658
まずベース台を取り付けます。位置はだいたい真ん中で。

IMG_7659
このボルトセットで取り付けます。

IMG_7660
取説がないので正しい取り付け位置は不明ですが、均等にしっかり固定できる位置ならどこでもいいでしょう。私は四隅を選びました。

IMG_7661
裏からはこんな感じ。

IMG_7662
ベース台を付けたら表面のカバーを閉めます。

赤丸の小さなビスで留めます。

IMG_7663
あとはボックスを取り付けたら、この地点をもってレストア完成です

バイク屋みたく納期がないのでまったり治して約半年かかりました。


去年の6月ごろに返ってきたときはこんな有り様
20180420_182017

IMG_6266

IMG_6267

IMG_6268

IMG_6269
これでも当時は綺麗な方と驚いていましたが、これが・・・







IMG_7665

IMG_7679

IMG_7671

IMG_7664
ここまで復活できたのは自分でもビックリです(笑)

テスト走行も行い「曲がる・止まる・走る」が問題なく普通に走りました

細かいところでは錆等まだありますが消耗品をほぼすべて交換しているのでコンディション的には新車同様です

このレストアで掛かった費用が、86,434円

ショップに依頼したらこれプラス工賃なので普通は廃車確定ですが(笑)


この先どうするかは未定です。

オークションで売るか知り合いに売るかはたまた再度ナンバー取得させるか現在思案中です...


とりあえずレストアはこれにて終了となります。

ではノシ

【アドレスV125S】 レストア日記13 【荷掛けフック、電球、エアクリーナーエレメント交換】

今回は再びアドレス記事です


まずは荷掛けフック。
IMG_7483
一応使えないことはないんですけど、展開したときにぷらぷらしてカチッと固定されないので交換します。

IMG_7482

IMG_7484
純正部品を注文。品番は92170-32G60-291

IMG_7485
交換はボルトオンなので簡単です♪

展開するとカチッと固定されるようになりました(^^)


次は電球交換。
IMG_7486
ターンシグナル、テール/ブレーキ、ヘッドライトを交換します。

IMG_7333
ターンシグナルのフロントは、フロントカバー内側の赤矢印で指してる物。

IMG_7334
少し捻って抜きます。反対側も同様に。

IMG_7335
ターンシグナルは前後ともウェッジタイプになってます。

ウェッジタイプは真っすぐ引っ張ると抜けます。

電球定格は12v 10w

IMG_7487
交換したらコネクターを繋いでフロントカバーを取り付ける。

IMG_7488

IMG_7489
内側からスクリュービスで締めて、

IMG_7491
下部はリベットをセット。

IMG_7490
最後にフロントカバー表面のボルトを付けたら終わり。

続いてリア。
IMG_7493
リアターンシグナル部にある赤矢印のビスを左右共外す。

IMG_7494
テールレンズの下部にある青矢印のビスも外す。

テールレンズを抉るように引っ張るとレンズが外れます。
IMG_7495

IMG_7496
これでテール球も交換できます。

テール/ブレーキ球は金属口金タイプで、電球定格は12v 18/5w

IMG_7497
ターンシグナルは、オレンジのレンズがビスで止まっているのでビスを外し、レンズは少し下げながら引っ張ると外れます。

IMG_7498
あとはオレンジのレンズを外して電球を交換後、元に復旧します。

テールレンズも元通り復旧して終わり~

次はヘッドライト。
IMG_7499
ヘッドライト球は少し回すとロックが外れ取り外せます。

IMG_7500
交換はいたって簡単です。

ヘッドライト球の定格・規格は、PH11 12v 40/40w

IMG_7501
交換したらヘッドライトカバーを車体に取り付ける。

ヘッドライトのコネクター取り付けを忘れずに!

IMG_7502
内側から左右スクリュービスを付ける。

IMG_7503
表面ヘッドライトレンズ下部にボルトを付けて作業終わり~


続いてエアクリエレメント交換。
IMG_7592
赤丸のスクリュービスを外してカバーを外す。

IMG_7510
結構色あせてますね赤丸の部分はエレメントがちぎれてます

IMG_7511
エレメントを外してエアクリボックス内の汚れを綺麗に落とします。

IMG_7514
一応再利用可能か洗浄してみます。

IMG_7517
洗浄液は専用品を使いました。

IMG_7516
洗浄液をかけて軽くもみ洗いしてるとぽろぽろとエレメントが剥がれ落ちた(゚д゚;)

さすがにこれは再利用不可なので新しく調達しました。
IMG_7593
Kpitからリペアパーツが出ていました♪

IMG_7594
エアクリボックスにメッシュプレートをセット。

IMG_7595
エレメントをセット。エレメントには最初からオイルが染みているのでそのまま使用できます

IMG_7596
最後にカバーを付けて、プラスチック光沢復活剤でカバーに艶出しを行って完成!


今回はこれで終わり~。

次でレストア完結しますのでもうしばらくのお付き合いを

ではノシ

【KLX】 カスタム日記7 【フロントキャリア取り付け】

新年おけましておめでとうございます

今年もよろしくお願い致しますm(_ _)m


年始一発目の記事は久しぶりのKLXネタでいきます♪

タイトルの通り、KLXにフロントキャリアを装備させます!

オフ車は積載量がどうしても少ないので積載力アップを図りました。


フロントキャリアはこいつのものを使います。
re_birth_auto8-img1024x768-1508324627buo8mu16654
オーストラリアでのみ販売されている「ストックマン250」

スーパーシェルパを牧場仕様にしたものです。最近では、保安装備が追加され国内でも販売されているようです。

牧場仕様というだけあってガードやキャリアが多く装備され、リアキャリアもかなり大型の物が付いています。今回はこれのフロントキャリアを流用します。

IMG_7002
キャリア。品番は53029-1223

その他周辺の部品も揃えます。
IMG_7004
バインダー

IMG_7003
ブラケット

IMG_7005
ボルト

まずキャリアにバインダーとスプリング付けます。
IMG_7007

IMG_7008
スプリングの力がそこそこ強いので物を挟んでもそうそう落ちることはなさそうです。バインダーの品番は92171-1220。スプリングの品番は92081-1304

車両に取り付けます。
IMG_7050
スーパーシェルパとKLXはヘッドライト周辺の形状が似てるようで異なるのでポン付けとはいきません

まずは各ブラケットの取り付け。
IMG_7051
フロントフェンダー裏側にある赤丸のボルトを外しフェンダーを取り外す。

IMG_7055
ブラケットを用意。品番は11051-1843

画像のボルトはブラケットとキャリアを結合するためのボルトです。

ボルトの品番は130BA0612(×2個)

IMG_7059
ブラケットはフェンダーとステアリングに挟まれるように取り付けます。

IMG_7060
フェンダーのボルトピッチはシェルパと同じようなので、ここはポン付け出来ます♪

次に別のブラケットを付けます。
IMG_7056
ブラケット(左)品番は11051-1841

IMG_7057
ブラケット(右)品番は11051-1842

ボルトは左右同じもので、品番は130BA0814(×2個)

IMG_7053
ブラケットは赤矢印のボルトと共締めで付けます。

左右同時に緩めるとフォーク位置がずれるので片側づつ取り付けます。

IMG_7063
正規の取り付け方だとボルト穴が全然合わないのでブラケットを反対に向けて取り付けます。

IMG_7064
ちなみに右側ブラケットの赤矢印の穴ですが、ストックマンではここにチョークノブが付くので今回KLXでは関係ない穴です。

IMG_7527
ブラケットを逆に付けるとボルト穴は近くなりましたが赤丸の微妙な距離がありキャリア取り付けは難しいです

この隙間を埋めるためにホムセンのステーを使います。
IMG_7528
良い長さがなかったので一本物のステーをカットしました

IMG_7529
別で用意したボルトも使用して、ブラケットとキャリアを連結させます。

IMG_7530
反対側も同様に。ボルトだけじゃ不安定なので赤矢印のようにワッシャーをかまします。

見栄えはかなり悪いですがガッチリ固定できているので実用的には問題なさそうです。

IMG_7536
最後にフェンダー側の赤矢印のボルトを締めて完成です。

IMG_7531

IMG_7533
結構様になってますね

IMG_7534
赤丸の部分は干渉してますがここは仕方ないですね

IMG_7651
着座位置から見ると車体が大きくなったように見えます

IMG_7654
前から見ると意外とスリム

ウインカーもしっかり見えるので保安上も問題ないです


ちょっとした物を載せたり、グローブやヘルメットを掛けたりと使い勝手はかなり良いです

リアキャリアの流用も考えましたが、大幅な加工が必要そうなのでとりあえず保留。

また流用カスタムすることがあれば記事にします


ではノシ

【アドレスV125S】 レストア日記12 【グリップ新調、ブレーキホース・ストップスイッチ交換】

前回に引き続きアドレス記事です


今回はハンドル周りとブレーキ関連。

まずはグリップ。

盗まれる前はグリップヒーターを装備してたんですけど、6年の歳月でボロボロになっててとても使える状況ではない

なので新調します
IMG_6694
KIJIMAのグリップ。

車体色に合わせて青にしました。

同時にスロットルパイプも新調
IMG_6695
KITACOのスロットルパイプ。

こだわりはないんですが、15%ハイスロ化のパイプをチョイス。


まずパイプにボンドを塗ってグリップにセット。
IMG_7408

ハンドル周りは、マスターシリンダーを取り付けてグリップ取り付け準備。
IMG_7409
スロットルワイヤーをスロットルホルダーにセットして、赤丸のタイコにシリコングリスを少量塗布。

IMG_7410
グリップをハンドルバーに入れてスロットルケーブルをセット。

IMG_7413
スロットルホルダーの片割れを取り付けて完成。

反対側のグリップはボンドを付けてハンドルに差し込むだけ。

純正よりほんの少し太い気がしますが、握ると違和感はないです


ここでエンジンをかけて各種点検してると気がつきました。

フロントブレーキを握ってもブレーキランプが点かない!

怪しいのはブレーキスイッチか断線。

とりあえず交換が楽なブレーキスイッチに賭けました。
IMG_7466
マスターシリンダー裏側赤矢印の黒い物がブレーキスイッチ。

赤丸のボルトを外せば取れます。

IMG_7465
純正部品を購入。品番は57460-14J01

比較。
IMG_7467
左が新品。右がお古。

IMG_7468
赤矢印のスイッチ部分の形状が仕様変更されています。

あとはそのまま付けるだけ。

無事にブレーキランプ点きました

この部品はよく壊れるみたいなので点かなかったらコレを疑ってみてはいかがでしょうか。


続いてブレーキホース取り付けに移ります。

純正のブレーキホースはもう捨てたので新しいブレーキホースを用意。
IMG_7462
いつものスウェッジラインのブレーキホース。

アドレスV125S専用なのでホース長も問題ありません!

IMG_7463
中身。基部はステンレスのメッシュホース。

まず、マスターにホースを付けます。
IMG_7469
マスター側は、20°角度の付いたバンジョーアダプターを付けます。

バンジョーボルトにワッシャーを入れるのを忘れずに!

ルーティングを確認しながらホースをキャリパーに導く。
IMG_7470
↑ここはスロットルケーブル、メインハーネス、リアブレーキケーブルと共にバンドで固定。

IMG_7471

IMG_7472
間違えるポイントはないので簡単です♪

IMG_7473
フェンダー内側にはホース固定用のクランプがありますが、ホース径が純正より細くなっているので、このままでは固定できません。

IMG_7475
同じスウェッジラインのラバーブッシュを使ってホース径を合わせて固定します。

IMG_7476
ホースの片方をキャリパーに取り付けます。

こちらのバンジョーアダプターはストレートです。

IMG_7477
こちらもラバーブッシュで固定します。

これでホースがきまりました。

次はブレーキフルードを入れてエア抜き。
IMG_7478
KLXやボイジャー同様、レバーをシコシコしてレバーを握った状態でブリーザーボルトを開けてエアを抜く。の繰り返し。

手っ取り早くやるなら、ブリーザーを開けて注射器で吸い取ればマスター内のフルードがホースを通り吸い出されるので、すぐにエア抜きが終わります。

この際、マスターのフルードが空にならないようにつぎ足しながら吸うのがポイント。

マスターのフルードが空になるとエアを吸ってしまうので無限ループですw

ホース長が短いので通常のやり方でもすぐに終わります。

IMG_7479
エア抜きが終わったら規定値までフルードを入れます。

IMG_7480
ダイヤフラムは勿論新品を入れます。品番は59667-04J00

IMG_7481
ダイヤフラムをセットして蓋をすれば完了です。

ブレーキフルードは攻撃性が高いので周辺の物に付いたらすぐに拭き取るか水で洗い流しましょう。


レストア記事もあと少しなんですけど、このままだと年内にすべて書くのは難しそうです

レストア自体はもうすでに終わっていてバイクは完全復活してます。

残念ながら乗ることはなさそうなのでこのまま売却する予定ですけど...。


あと2~3記事かな?頑張ります!

ではノシ
プロフィール

なお太郎

Twitter
バイクや車を乗り回すのが大好きです♪ アニメ、ゲーム、サバゲー、カラオケetc...かなり多趣味です♪ 愛車は、バルカン1700ボイジャーとKLX250、デミオ。 バルカンで47都道府県制覇!!今はまったり第二ラウンド中♪ しょーもないことをよくつぶやいています(^-^;)
メッセージ

ご意見・ご感想、誹謗中傷、ツーリングのお誘い、その他ご用件のある方はこちらまで♪↓↓

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ