どうもです!

今回はKLXにハンドガードを付けてみました!

使用するのはこちら!!
IMG_7763
ZETAのハンドガード。色はグレー。

IMG_7762
あと同じくZETAのナックルガードも合わせて付けてみました。


早速作業に掛かります
IMG_7765
まず純正のナックルガードを外します。

次にグリップエンドからハンドルバーが約3㎜はみ出るぐらいにグリップをカットします。
IMG_7766
交換したばかりのグリップを切るのは躊躇いましたが・・・(笑)

IMG_7767
赤矢印のように約3㎜出るようカット。私の場合グリップエンドから約10㎜カットしました。

反対のスロットルグリップも同様にカット。スロットル側はスロットルパイプがあるのでカットしづらいです

ZETAのハンドガードはハンドルバー内部に金具を入れて取り付けるタイプ。
IMG_7771
↑この金具を入れてボルト締めすることによって金具が広がり固定されるしくみ。

なのでハンドルバーのエンド部は貫通タイプでなければ本来付けれません。
IMG_7770
KLXのバーエンドは赤矢印のようにウエイト?のような詰まり物があり付属の金物が取り付けできません

ではどうするか?ウエイトの真ん中にちょうど穴が開いているのでここに直接ボルトを付けます

IMG_7772
付属のボルトサイズはM8なので、下穴は6.8㎜若しくは7㎜のキリで穴を開けます。

IMG_7773
昔、セール品というだけで衝動買いしたタップセットがまさかこんな形で役に立つとは(′∀`)

IMG_7814
綺麗なネジ山を形成出来ました

IMG_7821
反対側も同様に。

IMG_7815
タップはM8のピッチ1.5です。

この作業中に固かったにも関わらず力業でタップをたてたので、タップハンドルがお亡くなりになりました
IMG_7774
初使用でまさかの破壊(笑)無茶はダメ、絶対。

次にハンドガードを付けて位置調整。
IMG_7775
ですが、付属のクランプではどうにも付けることが出来なさそう感じ...

ということで後日別パーツを購入。
IMG_7808
フロントフォークと共締めで使用するマウント。強度もこちらの方が高そうです♪

IMG_7828
我がKLXはフロントキャリアを装備しているので、すでにブラケットが占領しています('▽'*)

IMG_7844
フロントキャリアも継続して付けたいのでブラケットの上からの重ね付け!

画像は左側ですが、青矢印のブラケット、赤矢印のブレーキホースのクランプも一緒に共締めです。

IMG_7840
こちらも同様に締めます。

ハンドガードを付ける前にグリップエンドのボルトを少し加工。
IMG_7823
ハンドガードが本来の取り付け方と異なるのでボルトのネジ山を増設させます。

IMG_7825
サラエゴマでネジ山増設。

IMG_7826
本来こんな使い方しないと思うんですが(^^;)

IMG_7824
赤矢印の部分を増設。

次にハンドガード取り付け。
IMG_7829
スロットル側は間に赤矢印のプラスチックプレートを挟み締め付け。

IMG_7835

IMG_7837
完了!

反対側も。
IMG_7842
結構キチキチの状態で締めるので、赤丸の二ヶ所同時に締めると割と均等にスムーズに締めれます。

IMG_7857
こちらも完了!

最後にナックルガード。
IMG_7846
赤矢印の「ZETA」のラベルですが、これシールになっていて剥がすと・・・

IMG_7864
ネジ山が表れます。

ここにナックルガードを取り付けます。

IMG_7865
付けました!

IMG_7866
横から見るとこんな感じです。

最後にフロントキャリアを戻せば完成!
IMG_7867

IMG_7868
フロントのボリュームがさらにアップしました!!

おかげでハンドリングにも影響が出ていて、体感できるぐらいにはハンドリングが重くなりました(笑)

まあかっこよくなったから良しとしましょう!

でも今回の作業でとんでもない失態をしてしまいました...

それはまた今度。。。

ではノシ