またまたKLXネタです!


車両購入当時から付いていたグリップ。
IMG_7629
 
IMG_7631
一見純正グリップのように見えます。

IMG_7632
でもスロットルグリップとスイッチハウジングの間に妙な隙間・・・

本来あるはずのない隙間なので恐らく純正グリップではない...

IMG_7633
ちょうどグリップエンドも破けていたので交換することにしました。

IMG_7635
まず、スロットルケーブルホルダのブーツをめくり、赤丸のボルトを外す。

IMG_7636
横着してナックルガードを付けたままやろうとしましたが、邪魔なので外します

スロットルケーブルホルダを外してグリップを取り外します。

新しいグリップですが、特にこだわりはないので無難に純正にしました。
IMG_7637
上が純正。下が付いていた物。

明らかに長さが違いますねー(´・ω・`)


取り付けていきます。
IMG_7638
ハンドルにグリップを装着しスロットルワイヤを取り付けます。

スロットルワイヤのタイコ(赤矢印)にシリコングリスを少量付けます。

IMG_7639
次にスロットルホルダを閉じるんですけど、グリップ長が正規の長さになったことにより隙間がなくなり、スイッチハウジングが邪魔してブーツがうまく取り付けられない

IMG_7641
ということで、マスターシリンダーとスイッチハウジングを外して作業しやすいようにしました

IMG_7643
妙な隙間もなくなった

IMG_7644
ブーツを取り付けてハウジングを復旧。

マスターシリンダーも元に戻せばスロットル側は完成!


次は左グリップ。
IMG_7645
こちらもナックルガード、クラッチレバー、スイッチハウジングを取り外す。

IMG_7647
左側はボンドで付いているだけなので、パーツクリーナーをグリップ内部に吹きかけて外すか、再利用しない場合はカッター等で切って外します。

IMG_7648
比較写真を撮るの忘れましたがこちらのグリップ長は新旧共に同じでした。

IMG_7649
ボンドを付けて挿入。

IMG_7652
外した周辺部品を元に戻して完成です

IMG_7653
古いグリップでもありましたが、クラッチ側にも妙な隙間があるんですけど

仕様か・・・はたまた取り付け方が悪かったのか・・・謎です

まあ操作には影響がないんでいいですけど(笑)


ではノシ